2 湿原の豆知識

種類と特長

八幡沼周辺湿原

標高1.600m前後に位置した八幡沼、ガマ沼、鏡沼など八幡平火山の爆裂火口湖の連なる八幡平、その中の一番大きな沼、八幡沼の周辺に泥炭層の発達した高層湿原、急斜面の泥炭層の薄い雪田湿原等が見られる。国立公園八幡平の中心的湿原です。

黒谷地湿原

茶臼岳と八幡平の中間に位置する高層湿原でアスピーテライン黒谷地バス停(駐車場)より徒歩10分です。

大深湿原

八幡平の南方裏岩手縦走路の途中、大深岳(1.541m)の東斜面の雪田湿原で八幡平レストハウス(駐車場)より徒歩約3時間です。

大沼湿原(秋田)

標高1.000に近く位置して大沼と後生掛キャンプ場の間に広がる高層湿原です。

戻る

リアルタイム八幡平へ