自然環境の見方、考え方

ここでは八幡平に限らず広く環境に対する問いかけです

自然に対する姿勢は、ブームに左右されることなく、対価を求めるものでもなく大袈裟な
パフォーマンスを行うことでもない、あくまでも謙虚に。
なにも立派な理屈も理由も組織も要りません。とにかく自分の価値観を変革し、そしてそれ
ぞれ自分が実践することです。徒党をくんで、理論を振りまき、しまいには本末転倒に陥る。
立派な理論だけが先走り、視野が狭くなり、自分の足元さえも見えなくなる。
それより、それぞれがじっくり自分の生活を見直すことのほうが先決です。
とにかく自分の実践から始めましょう。共感してもらえればその人も自分で黙って実践する
事でしょう。みんなが危機感を抱く時代は、それだけで再生の可能性も秘められた時代です。
現在は、ただ尻に火が着いただけの、或いはイメージアップのための、雑多な思惑が入り乱
て慌てふためいている時代です。落ち着いて、まず自分のことから始めましょう。
 

自然破壊と言う言葉と植生回復と称する行為の考察

田舎暮らしのすすめ

戻る

リアルタイム八幡平へ